はれま物語

はれま物語イメージ

チリメンじゃこと実山椒を、何気なく一緒に炊いたのが、はじまり、はじまり。

ちょっと昔。今からだいたい、五十年ぐらい昔。
京の家庭で普段から親しまれていた、チリメンじゃこと
実山椒を、宮川町の料理人・晴間保雄がいっしょに
炊いてみたのがはじまりでした。料理人の勘が引き
合わせた、海の幸と山の恵みのおいしい出会いでした。

昔は手みやげといえば、買うものではありませんでした。
家で作ったり、沢山穫れたものを“お裾分け”する感覚で、
持っていくのが当たり前でした。はれまの“チリメン山椒”は、
最初から「商品」として生まれたものではありません。
初代が台所で作り、親しいひとに配っていたものでした。

はれま物語イメージ

おいしい!そんな声に応え、また炊いては配る…“チリメン山椒”は界隈で評判になりました。

初代・晴間保雄は“チリメン山椒”を売ったことがありません。
持って行った先々で「おいしい!」「またつくって!」と、
もらった人や食べた人たちが喜んでくれるのがうれしくて、
せっせと炊いては、親しいひとへ配り続けました。
顔見知りの舞妓さんや芸妓さんもその味を大そう楽しみにし
てくれました。